Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

骨盤底筋群って知っていますか?

骨盤底筋群って?

いきなりですが・・・

「骨盤底筋群」←これ読めますか?

答え↓↓

「こつばんていきんぐん」って読みます。

みなさま、読めましたか~??

以前スタジオレッスンをさせて
もらっている時にレッスン後・・・

「先生、コツバンテイキングってなんですか?」

と聞かれたことがあります!!

キング冠ではありませんよ~!!(笑)

「骨盤底筋群」は「群」という字のとおり、
一つの筋肉ではなくて、
いくつかの筋肉を総称して
「骨盤底筋群」というんです。

そしてその名の通り、
骨盤の底にある筋肉のこと。

シンプルに「骨盤底(こつばんてい)」や
「骨盤底筋(こつばんていきん)」と
呼ばれたりもします。

スポンサーリンク
Sponsored Links

骨盤底筋群ってどんな役割をしている?

さて、

この筋肉の役割がとーっても重要なんです!!

■骨盤底筋群の役割■

①子宮や内臓を支える

②排尿・排泄・月経のコントロールをする

③カラダを安定させる体幹部の筋肉のひとつ

妊娠・出産で
大きく関わってくるのが
この①の役割!

「骨盤底筋群」は
その名の通り、
骨盤の底にある筋肉で、
骨盤内の空洞の部分を
ハンモックのように覆っています。

(画像はネット上よりお借りしました)

骨盤の骨って結構複雑ですよね。

ざっくり言うと・・・
大きなハート型の2つの骨(腸骨)が、
背骨の終点の三角の骨(仙骨)と
くっついてるんです。

この「仙骨」と「腸骨」のつなぎ目が
「仙腸関節」といって
ゆがみの重要なポイントになってきます!!

骨盤と一言で言っても、
こんな風にたくさんの骨が
つなぎ合わさっているから
ズレやすかったり
歪みが生じたりしちゃうんですね。

だけど!!

こういう繊細な構造だからこそ、
骨盤は緩んだり、
締まったりするので
女性は生理がきたり、
赤ちゃんを
産むことができるんですよ♡

おっと!
ちょっと脱線しちゃいました(・_・;)

本題の骨盤底筋群
こんな風になってます。

(画像はネット上よりお借りしました)

赤いところが
骨盤底筋群の筋肉群です。
いろんな筋肉が
いろんな方向にくっついてます。

そして内臓や子宮を
下から支えてくれています

こんな小さな筋肉が
内臓や子宮を
支えてくれているんですね~。

全体像でみるとこんな感じ。


(画像はネット上よりお借りしました)

このハンモックのように
ピンとはった筋肉があるから、
お腹の中の内臓や子宮は
外にでてくることがないんですが。。。

この筋肉が弱って緩んでくると
「子宮脱」とか「脱腸」という
状態になってしまう
のです。

妊娠して出産を迎える臨月の頃に、
この華奢な骨盤底筋群は・・・

赤ちゃん 3000g
羊水 500g
胎盤 500g
子宮の重さ 4000g
合計 8000g

こんだけの重さがかかっています!!
(あくまでも平均的な数字です)

そしてこの図を見てわかると通り、
骨盤底筋群は
赤ちゃんが通る産道にもなってます

経腟分娩の場合ここを通って
赤ちゃんは生まれてきてくれるので
お母さんの骨盤底筋群は
ダメージを受けることになります

だからこそ、
骨盤をベルトでギュギュっと
締めるだけではなく、
目には見ない内側の筋肉の
ケアも必要になるんですね(^^)v

なかなか産後のケアのことって
産院では詳しく教えてもらえるところは
少ないですもんね。

というか、初めての赤ちゃんの
お世話の質問の方がありすぎますよね。

私もピラティスに出会っていなかったら
知らないままでした・・・。

だからこそ!

出産を経験されたママたちには
自分の身体をケアする方法を少しでも
知ってもらいたいなーと思います♪

産後のママのカラダは本当に繊細です!!

やっと会えた可愛いわが子を目の前に
ついつい頑張りすぎちゃいますが、
無理は禁物です!!

ママの元気な
カラダがあってこそ

赤ちゃんは元気に
育ってくれると思います☆

「骨盤底筋群」って

ちょっとマイナーな
筋肉の名前かもしれませんが、
女性にはとってもとっても
大切な筋肉です!!

まずは名前から憶えてみてくださいね~☆

☆CHIHIRO☆

スポンサーリンク
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Links