Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヨガとピラティスはどんな違いがある?

「ヨガとピラティスって似ているような・・・?」

「ヨガとピラティスってどう違うの?」

ヨガとピラティスのことを知っていても
その違いを知らない人って実は結構
多くいますよね。

「ヨガとピラティス」似ているようで
やってみると全然違うんですよ♪

全然違うのにどうして似てるような
気がしちゃうんでしょう??

その答えはピラティスの歴史にあります♪

スポンサーリンク
Sponsored Links

ピラティスはこうやって考案された!

みなさん、「ピラティス」って
人の名前って知っていますか?

「ピラティス」はドイツ人の男性
Joseph Pilates(ジョセフ・ピラティス)氏
によって考案されたメゾットなのです。

ジョセフ・ピラティス氏ってどんな人?

images

ピラティス氏は1880年ドイツの
デュッセルドルフ近郊で生まれました。

幼少期はなんと意外にもリウマチ熱、
くる病、骨軟化症、喘息などに
苦しみながら幼少期を過ごす病弱な
少年だったのです。

そんなピラティス氏は幼い時から
自分のカラダの体質改善の為に、
ボディービルや器械体操、レスリング、
ヨガ、ボクシング、スキー、ダイビング
などといったあらゆるスポーツに取り組み、
14歳の頃にはとても鍛錬された
魅力的な体となっていたそうです。

特にギリシャの文化や彫刻の美しさ、
それに表現される強さにもとても
関心を持ち、東洋と西洋両方の身体訓練法を
研究し、武術をマスターし、ついには
人体解剖図のモデルになる程すばらしい
バランスの肉体を築き上げたのです。

ピラティスは収容所で誕生した!?

5

ピラティス氏はその作り上げられた
カラダで演技をするためサーカス団
とともにイギリスに渡ります。

そしてサーカスのパフォーマーとして
活躍すするとともに、警察に護身術を
教えるトレーナーを務めることになります。

そんな矢先、第一次世界大戦が勃発!!

ドイツ人であるピラティス氏は敵国の人間として
マン島の収容所に送られてしまいます。

その収容所で看護師をしていたピラティス氏は
治療した患者のリハビリを行うことになります。

寝たききりで動くことが難しい患者に対して、
マットレスのベッドに使用されている
「スプリング」を使って体の動きをサポートしたり
負荷をかけたりする方法を思いつきます。

これが現在の「キャデラック」と呼ばれる
ピラティスマシンの原型となります。

ピラティス氏が考案した
「コントロロジー」の始まりです。

そして健常な収容所仲間にも
「マットエクササイズ」を教えて、
仲間のカラダを鍛えあげました。

これらが「ピラティスのはじまり」なのです。

ピラティスメゾットをしていた人はインフルエンザにかからなかった!?

1918年に世界中でインフルエンザが
大流行したことがありました。

数千人が死亡したといわれる中、
ピラティス氏が彼がいた収容所内で
ピラティスメゾットを行っていた人は
誰ひとりインフルエンザにかかる人が
いなかったのだそうです!

これはとっても有名なお話で、
現在ではピラティスが免疫力を
高める効果があるとも実証されているんですよ。

ヨガとピラティスの違いと似ているところ

ピラティスの歴史について
触れてみましたが、お気づきでしょうか?

ピラティス氏が幼少期カラダを鍛える
ために取り入れていた数々のスポーツ。

そのなかの一つに「ヨガ」があったこと
には気が付きましたか?

ピラティス氏はヨガのエッセンスも
自分のメゾットに取り入れているんですね。

なので「ヨガ」を「ピラティス」」って
どこか似ているんですね。

ヨガとピラティスの目的の違い

ヨガとピラティスは似ているようですが
実は本来の目的が違うんです。

そのあたりを今度は見ていきましょう!

ヨガの目的

ヨガはインドの4000年以上前の教義とともに
伝わった「心を司る」考え方です。

カラダを動かすヨガのポーズ(アーサナ)は、
カラダを自分でコントロールすることで
自分や自然を知り、浄化するためにあります
筋肉をほぐし、さまざまな姿勢で
「修行」を行う準備となり、
集中して心を鍛えて精神の健康と幸せを目指します

リラクセーションや心の平安に重きを置いており、
精神の病などの治療にも取り入れられています。

ピラティスの目的

%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%b8

もともとは戦争で負傷した戦士のケアの
リハビリとして生まれました。

リハビリメニューとして狭いベッドの上でも
行うことができて、
「体幹の筋肉を鍛えて本来のカラダの機能を取り戻す」
ということに重きをおいています。

ピラティスはダンサー業界から多くの人に広まり、
ハリウッド女優やスポーツ選手へと
幅広い人たちへと広まっています。

また、シニア世代やマタニティ・産後ケアとしても
ピラティスが普及してきています。

ヨガとピラティスの似ているところ

ヨガとピラティスでは

「身体と精神を同時に考える」

という点が似ています。

  • Mind
  • Body
  • Conditioning

この3つは常に一体であるということですね。

カラダが元気じゃないと
ココロは元気になれない。

ココロが元気じゃないと
カラダは元気になれない。

ということですね。
どちらか一方のバランスが崩れて
しまえば、どちらもうまくきません。

このバランスを整えるために
ヨガもピラティスも「呼吸」
大切にしています。

ヨガとピラティスの違うところ

目標(ゴール)の重要性の違い

・ヨガが精神的なリラックスに重点が置かれている

・ピラティスは身体つくりに重点が置かれている

エクササイズの重点

・ヨガは身体をストレッチすることに重点が置かれている

・ピラティスはストレッチとともに、
筋肉(インナーマッスル)を鍛えること、
また、骨から矯正して正しく効率的な
身体をつくることに重点が置かれている

呼吸法による脳への効果の違い
・ヨガは腹式呼吸による「副交感神経」
活性化させてリラックスする・ピラティスは胸式呼吸による「交感神経」
活性化させて、頭をすっきりさせていく
身体をつくることに重点が置かれている

まとめ

%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%bb%e3%83%95

いかがでしたか?
ヨガとピラティスがなんで似てるのか?
何が違うのかスッキリ解決できましたか?

違いがちゃんとわかることで
「自分にはどっちがあってるのか?」

「今の自分にはどちらが必要なのか?」

が見えてくるかと思います。

どちらもとっても素敵なメゾットです。
どっちもやったことない!なんて
もったいない!ぜひピン♪と来た方から
トライしてみてくださいね。



スポンサーリンク
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Links