Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

産後にキレイになれるってホント??

こんにちは。
ママのためのピラティス教室
Lien (リアン)のCHIHIROです。

出産をされたママ様。

「産後は妊娠前よりもキレイなカラダになれる」
こんな話聞いたことありませんか??

初めての出産のときは生まれるまでの間、
「まだ出てこないかな~?」
「早く会いたいよ~」
なんて思いを抱きながら、
臨月を迎えるころには
10ヵ月もの間ともにしてきた
我が子とのご対面にワクワクしつつ、
初めての出産にドキドキしつつ・・・。

まだその先のことっていまいち
想像しにくいですよね。

だけど、出産後の生活って
慣れない授乳やおむつ替え、
睡眠不足やなんやと急に忙しくなります!!

私は想像以上な忙しさでビックリしました!!!

入院中・・・

慣れない授乳がやっと終わって
自分のご飯がお部屋まで運ばれてきて
次は自分のご飯タイムでほっと一息♪

なのもつかの間!!

食べ終わったと思ったらもう次の授乳の時間。

そしてオムツ交換しようと思ったら
おっと!オムツからオーバーして
お洋服まで汚れてる・・・。

なんとかフニャフニャの身体を抱えながら
お着替えを済ませたら・・・

さっき飲んだおっぱいをゲポ!!

「おおーーーー!!またお着替え?!」

そんなことしてたらまた次の授乳時間・・・。

気が付けば一日が終わっている。

そして夜中の授乳・・。

眠たかったはずなのに、
授乳後はなぜか目がさえてしまう。

そんなバタバタな初めての育児が始まりました。

そんな時に
「産後は出産前よりもキレイなカラダになれるよ♪」
なんていわれても
「はぁ?それどころでなないのですけど・・」
って感じだと思いますが・・・
出産前や、産後心が落ち着いてるときに
「どうしてなのか?」を
知っておくと産後のカラダケアがグッと
楽しくなるかもしれませんよ~♪

出産後は、体重や体型、
さまざまなカラダのマイナートラブルで
悩んでいる方が多いのが事実ですが、
妊娠中からきちんと産後の体の使い方を知っておけば、
妊娠前の自身の体より、
キレイな体を手に入れることが可能なんです♪


妊娠中の分泌される主な女性ホルモンには
大きく分けるとこんなホルモンががあげられます。

エストロゲン

赤ちゃんを育てる子宮や、
おっぱいを大きくするためのホルモン

プロゲステロン

妊娠を持続させるためのホルモン

プロラクチン

母乳を生産するホルモン、
または母性を目覚めさせるホルモン

オキシトシン

子宮を収縮させたり、母乳を運ぶホルモン

リラキシン

お産にむけて、関節を緩めるホルモン

女性ホルモンは、母になるために
とても必要不可欠なホルモンです。

赤ちゃんが泣いたら、
なぜかおっぱいが張ってきたり、
夜中の赤ちゃんの泣き声に敏感になったり・・・。

これらの変化は、女性ホルモンの分泌によって起こる変化なのです。

妊娠、出産という大仕事をこなす女
性のカラダはとーっても神秘的ですよねキラキラ

特に、一番最後のリラキシンというホルモンは、
月経前や、妊娠3ヶ月~産後2~3日に分泌されます。

このリラキシンは、関節を緩めるホルモンです。

リラキシンのおかげで、
骨盤を型どっている骨どうしを
結ぶ結合組織(主に、靭帯)が柔らか~くなって、
骨盤(関節)が緩むのです。

※出産直後に骨盤がグラグラするのを
感じられる方も多くいらっしゃいますが、
それはこのせいなのです。
この、関節が緩んでいる時期は
「骨盤の歪み」や「骨格を整える」のに
一番効果的な時なのです。

だから女性が劇的にキレイになれるチャンスは

「THE 出産後」

「産後は妊娠前よりもキレイなカラダになれる」
と言われているんですよ~

ついつい自分のことは
後回しにしがちな産後ですが、
ママが笑顔で育児ができるためには
やっぱり元気なカラダが資本!

ちょっとのことでも目を向けてあげると
カラダは喜んで答えてくれます~

ぜひ「ママのためのピラティス教室」へ
遊びに来てくださいね~ハート

☆CHIHIRO☆

スポンサーリンク
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Links