Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

産後の腰痛対策!ピラティスでカラダをケア

こんにちは。

ママのためのピラティス教室Lien(リアン)の
CHIIHROです。

我が家は今日が夏休み最終日!

そんな夏休み最後の息子の〆は
ピラティスレッスンのアシスタント♡

前回の反省も踏まえ、
赤ちゃんがいるところでは

「静かにする」

「ドンドンはだめ」

を今回はなんとか最後まで
ちゃんと覚えていましたトモダチ

お騒がせしながらのレッスンでしたが、
今日ははじめましての
ママさん&ベビちゃん2組含め
6組のママさんたちと
一緒にピラティスをさせていただきました♡

今日は皆さん口をそろえて

「腰が痛くて・・・」

とおっしゃっていたので、
みなさんのカラダの様子を
見させていただきながら、
腰回りをたくさんケアしながら
動いていきまたよ♪

皆さん腰回りカチコチえ゛!!!!

そんな時は
無理にグイグイ動かすよりも、
呼吸に合わせて
【背骨からのアプローチ】や、
【股関節からのアプローチ】をしていくと
そのあとのコア(お腹の筋肉)や
骨盤底筋への意識が
入りやすくなるんですよね~♡

ということで!

今日は座位で背骨を動かす
ムーブメントからスタートかお


今日やったのはこの動画の
後半の動きですね~♪

時間のある時はぜひ前半から通して
やってみてください♡

終わった後はこれだけでも
呼吸がしやすくなって
身体がだいぶほぐれてくれますよ。

肋骨周りを動かすと
呼吸がしやすくなって
血流がよくなるので、
授乳期のママさんには
とってもおすすめなムーブメントです!

母乳は血液なので、
ママの血液が上手に循環していると
ベビちゃんにも美味しい
母乳を飲ませてあげることに
繋がりますよbaby*

そして!!

腰痛対策に欠かせないのが

股関節の動き!

骨盤は腰部とも、
股関節ともつながっているので、
どちらの動きが悪くなってしまっても
痛みの原因になりやすいのです困る

普段なかなか動かさない
腰部・股関節をしっかり動かして
ようやくお腹への意識が
入りやすい状態に♡

そして産後に緩んでいる
「骨盤底筋」を使いやすくするために
今日は内転筋のひとつ。

「恥骨筋」を活性化させてから
「骨盤底筋」の意識へ!

↑この赤い部分が「恥骨筋」

「骨盤底筋」に続いて聞きなれない
筋肉がまたでてきた・・・ショック涙ver.

なんて思わずによーく見てみてください!!

「恥骨筋(ちこつきん)」はその名のとおり
恥骨にくっついている筋肉!

そして「骨盤底筋」も恥骨に
くっついているので、
とってもつながりが深いんです!

産後緩んだ「骨盤底筋」がなかなか
意識できない時は、
「恥骨筋」「内転筋」から
意識すると繋がりやすくなりますよ♪

それでも

「わかんない!!!」

なんて時には遠慮せずに
レッスン後でも声をかけてくださいね♡

「骨盤底筋」は知ってるのと、
知らないのとではものすごく
産後のケアに差が出るので、
絶対に感覚はつかんでほしい
筋肉なのですハート

腰痛対策にも
産後のケアにも欠かせない
「骨盤底筋」
しっかり使ってあげながら
全身動いていくと

終わった後は・・・

スッキリ!

シャキーン!

ピーン!

足の裏ペタっ!!

なんて感覚が味わえますよきらきら

それを続けていくことで
内側から姿勢を支える筋肉が
強くなって姿勢改善や
疲れにくいカラダへと、
進化していき、
スタイルアップにも
つながっていきます♪

ぜひお家でも少しずつ
取り入れていってみてくださいねマタニティマーク

今日もご参加いただきましたみなさま。

ありがとうございましたこちらです♡♡

☆CHIHIRO☆

スポンサーリンク
Sponsored Links