Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

足のアーチの崩れが招くカラダのトラブル

こんにちは。

ママのためのピラティス教室Lien(リアン)の
CHIHIROです。

最近レッスンをしていると、
足の指や足首が上手に動かせない方が
結構たくさんいらっしゃいます。

普段はあまり意識しない足首や足指ですが、
ここが上手に動かせないと、
様々なカラダのトラブルになりやすいって
知っていますか?

足でとっても重要な
「足裏のアーチ」ちゃんとありますか?

足裏のアーチが落ちてしまっているのを
一般的に「偏平足」といいますが、
どうして偏平足だとカラダにトラブルが
起きやすいのか?

どうして足指、足首がちゃんと動かないと
ダメなのかを説明していきますね♪

足のトラブルの引き金になりやすい
足のアーチについて知っていきましょう!

スポンサーリンク
Sponsored Links

足裏のアーチと姿勢の関係

健康な足裏には3つのアーチ!

私たちが立つときには

・足の親指の付け根部分(母趾球)
・小指の付け根部分(小趾球)
・かかと

この3点で立ち、安定感を保つために
5本の指で地面と接地しています。

こんな感じですね。

けど結構、小指側の外重心の人
多いんですよね~。

そして!
足は片側だけで28個の骨があって、
これらの骨が筋肉・腱・靭帯でつながれ、
組み合わさることで 、
絶妙な3つのアーチを構成しているんです。

こんな風に3つのアーチが私たちの
足には必要なんです。

片足で28個っていうことは、
両足だと56個!!

私たち人間の骨は全部で
約208個骨があると言われているので、
足だけでなんとカラダの骨の
1/4を占めているんです!!

それだけ重要なところだということが
なんとなく見えてきましたね。

からだの表面積1%ほどの足裏で
全体重を支えているのですから、
これらの骨が靭帯や関節包で
何層にも分かれてガッチリ
とつながれているのです。

そして私たちはこの足の3つアーチのおかげで
歩く・走る・立つといった、
人間の足が持つ基本的で複雑な動作ができるので、
このバランスが乱れると、
人間のカラダの土台となっている
足全体のトラブルを引き起こしたり、
姿勢に影響を及ぼしてしまうことがあります。

足裏のアーチってどんな役割があるの

カラダ安定性・バランスをとる」

当てはまるものが多いと、
足のアーチの崩れが
すすんでいるかもしれません。

アーチが崩れてしまうと
本来持ちあがっているべき部分が下がるため、
その部分が摩擦や刺激を受け、
角質が硬くなってしまいます。また、足の機能が下がってしまうので、
心臓から送り出された血流を
上に押し戻しにくくなり、
むくみや冷えにもつながってしまいます。それぞれのアーチの崩れによって
次のような足のトラブルがでやくなります。

足のアーチ別トラブル

内側縦アーチ(土踏まずの部分)】

いわゆる偏平足のことです。

靭帯や腱などの足を構成する支えが
ゆるんでしまい、足裏がまっすぐになり、
歩行時の衝撃を吸収できないので、
疲れやすかったり、むくみやすくなってしまいます

血液やリンパを心臓へ押し戻すポンプ機能が
低下してしまうため、
代謝が悪くなり、冷えやすく足首も太くなりがちです。

私たちのカラダを支えてくれている
小さな面積の足の裏。

一見、歩くためだけに必要と見えがちですが、
その機能は私たちの想像をはるかに超えています!

だからこそ、
ちゃんと機能できるよう、
足のケア・コンディショニングも大切ですよね。

なかなか改善しないカラダのトラブルは
もしかしたら足のアンバランスから
来ているかもしれませんよ!

ぜひ一度足にもフォーカスを当ててみてくださいね♪

☆CHIHIRO☆

スポンサーリンク
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Links