コラム

産後の骨盤矯正のストレッチ!自宅で簡単にできる3つの体操

こんにちは。CHIHIROです。

出産後にきになる骨盤周りの引き締め。
産後は「骨盤矯正したほうがいいよー」なんて
先輩ママからお話を聞くママさんも多いですよね。

でも実際骨盤矯正っていつからはじめれるの?
どんな効果があるの?

整骨院に行かないとできないの?

実際お金もかかるしな。。。

なんてやってみたいとは思っても、
なかなかお出かけするのも
難しいママさんも多いですよね。

できれば

高いお金をかけずにどうにかしたい!」

と思っているママさんに、
今回は自宅で簡単にできるエクササイズを
ご紹介していきますね!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

産後の骨盤矯正はいつからすればいいの?

産後のママの骨盤は出産の時に最大に開いた状態なので、
特に産後は靭帯も緩んでしなやかなので、
骨盤矯正や体を整えるのには絶好の機会です。

なので基本的には産後6ヶ月頃までに
骨盤矯正をするのがおすすめです。

妊娠中から出産に向けて骨盤を緩ませるための
リラキシンというホルモンが分泌されていますが、
このホルモンは出産時が最大で産後3ヶ月頃まで
分泌されています。

なので体の調子がよければ
3ヶ月頃から「自分で動く」という
方法で骨盤矯正を取り入れていくのがおすすめです。

整骨院などで施術を受ける場合は、
産後の悪露などが落ち着いた
2ヶ月目くらいからが始めどきです。

産後の骨盤矯正の効果とは?

産後の骨盤はとっても不安定な状態です。

骨盤が不安定で歪んだままにしてしまうと…

  • カラダのラインが崩れる
  • うまく筋肉が使えず疲れやすいカラダになる
  • 代謝が落ちたままで体重が減らなくなる
  • 緩んだ骨盤内に脂肪がつき骨盤が広がったままになる
  • 肩こりや腰痛になりやすくなる
  • 冷えやむくみ、婦人科系のトラブルが起こりやすくなる

などといったトラブルが起こりやすくなってしまうのです。

骨盤矯正とは
歪んだ骨盤を正しい位置に矯正すること」を
言いますが、産後の骨盤矯正は
体型の改善やダイエットを目指す意味も
含まれているので産後のママは
ぜひ取り入れていきたいですよね。

先ほども触れましたが、
出産には骨盤や靭帯を緩めるための
リラキシンというホルモンが分泌されているので、
産後に骨盤矯正をするということは、
産前よりも綺麗なカラダのラインになれる
という可能性も秘めているんです!

ママのカラダが元気でアクティブだと、
赤ちゃんとの時間も有意義に過ごせますよ。

産後の骨盤矯正!どんなやり方がある?

産後の骨盤矯正のやり方はいろんな方法があるので、
何から始めたらいいのか?どうしたらいいのか?
迷うママも多いですよね。

どんな方法があるのか順番にみてみましょう!

⒈整骨院や骨盤矯正専門の店舗に通う

産後の骨盤矯正の施術を行なっている整骨院や、
最近では骨盤矯正の専門のサロンも増えてきましたね。

一般的には4回〜10回程度通うシステムになっていて、
1回の施術では約5000円〜15000円が相場と言われています。

数回通うことを考えると、
30000円〜60000円くらいの費用がかかりますね。

ただ、チケットをまとめて買うと1〜2割安くなったり
することもあるので事前にチェックしてみてくださいね!

⒉骨盤ベルトやリフォームインナーの着用

日常的に身につけやすい骨盤ベルトやリフォームインナー。

骨盤ベルトやガードルを着用すると、
確かに骨盤は締まるので歩きやすくなったり、姿勢も安定します。

ただ、あくまでもこれらの道具は
“サポートするためのもの”として使う使い方がおすすめです。

頼りすぎてしまうと、自分自身の筋肉が育たないので、
ベルトをはずした途端にダランと
下っ腹がゆるんでしまうなんてことも……。

ベルトやガードルが手放せない体になってしまいます

また、ずっと締め続けることで血流も悪くなり、
冷えの原因にもなりやすいので気をつけたいですね。

⒊運動やエクササイズを行う

自分のカラダは自分で整える!運動やエクササイズをする方法。

実は正しいやり方さえしっかりおさえておけば、
激しい運動をしなくてもしっかりと
骨盤矯正を自分ですることだってできちゃうんですよ。

自分で動いてつけた筋肉は多くのメリットを
生み出してくれるので、
産後のママにはぜひとも試してほしいやり方です。

産後の骨盤矯正にピラティスは向いているの?

産後の運動で誰でも簡単に始めやすいのが「ピラティス」です。

ピラティスはもともと、リハビリのために考案された
エクササイズなので、産後のママにもぴったりな
動きがたくさんあります。

ピラティスは寝たまま行う動きが多いので、
産後のママにも安心して行うことができるのも嬉しいところ。

ベビちゃんがお昼寝している横で
ゆっくり動くことができるので産後の骨盤を整えるためにも
ピラティスはおすすめなんです!

また、ピラティスの基本となっている
呼吸はインナーマッスルに働きかけるため、
骨盤を整えるだけでなく
姿勢の改善や、代謝アップにも繋がりますよ。

産後の骨盤矯正のストレッチ!3つのエクササイズを紹介

では早速、誰でも簡単に始めやすい
ピラティスのエクササイズを3つご紹介していきます。

決して無理をせず、
気分のいい時から始めるようにしてくださいね!

⒈骨盤底筋を鍛えるエクササイズ

産後のママのカラダで一番意識してほしい
「骨盤底筋」のエクササイズ。

出産で産道となった骨盤底筋はとてもダメージを受けています。

骨盤の引き締めのカギはこの「骨盤底筋」にあります!
まずは自分の骨盤底筋の意識から初めてみましょう!

骨盤底筋の使い方は動画の1分くらいから始まります。

⒉骨盤を引き締めるストレッチ

寝ながら1分で簡単にできる骨盤矯正のストレッチです。

【やり方】
⒈仰向けに寝て膝を三角に立てます。
⒉腰幅よりも広めに脚を広げ、両手で足首を押さえます。
⒊その状態から左右交互に膝を内側に倒していきましょう。
⒋30回くらいを目安に繰り返します。

 

左右の骨盤にずれが出ていると
どちらか一方が倒しやすいと感じますが、
左右均等に倒して骨盤調整を行なうようにしてくださいね。
骨盤が広がっていている人や、
骨盤が後傾ぎみになっている人にも効果的です。

⒊ブリッジ

骨盤・背骨を滑らかに動かしながら、
呼吸に合わせてしっかりとインナーマッスルを働かせ、
キュッと骨盤周りの筋肉を締める意識で動きましょう!

【やり方】
⒈仰向けに寝て膝を腰幅に開き三角に立てます。
⒉骨盤を傾けながら順番に背骨を浮かせていきます。
⒊両手を頭の上にし、全身を伸ばします。
⒋この時しっかりと骨盤底筋やお尻の筋肉を引き締めています
⒌引き締めた意識のまま背骨から順番に状態を下ろしていきます
⒍呼吸に合わせてゆっくり10回くらい繰り返します。

 

産後に大きくなりがちな骨盤周り、
お尻や下半身、骨盤底筋を引き締めるのに
おすすめのエクササイズです。

まとめ

産後のママのカラダはママが思っている以上に
ダメージを受けています
骨盤矯正をプロの手にお願いするのも、
サポートアイテムを使うのも
自分に一番あった物を利用してみて下さいね。

それに加えて、セルフケアは今だけに限らず、
今後の女性のカラダの維持としてもとっても大事です。

ぜひ自分のカラダは自分で動かす!習慣も
産後のこの機会に作ってみて下さいね!

 

授乳期におすすめの飲み物

授乳期のママの飲み物って悩みますよね。

・カフェインは避けたい
・母乳に良いものを探している
・農薬や添加物などが入っているものは避けたい
・手軽に飲めるものが欲しい
・こどもと一緒に飲めるものがいい

そんな授乳期のママとベビちゃんにおすすめなのが
「ベルタルイボスティー

ルイボスと母乳に良い「たんぽぽ」「シャタバリ」も
ブレンドされているのが魅力的です。

ホットでもアイスでも飲みやすくお子様と一緒に
飲むことができるのでぜひ試してみてください♪

初回は500円とワンコインで試すことができるので、
ルイボスティーが初めてのママにも安心ですよ〜♪